ひろあそ日記 ぷらいべいと

静岡県浜松市の建築設計事務所「ヒロノアソシエイツ」所長のブログ。 建築家の日常を仕事や趣味をまじえながら綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルー・バートン/アン・バートン

今年聴いた女性ヴォーカルの中ではこのCDが一番かなぁ…

バックのルイス・ヴァン・ダイクのピアノもグッド!!

お薦めです。。。

Blue Burton/Ann Burton

Blue Burton_Ann Burton

スポンサーサイト

仕事納め

昨日は事務所の仕事納めと大掃除。

大掃除と言っても所員と私の三人で行うため、一日あれば十分。

来年を新しい気持ちで迎えるために、「仕事納め」と「大掃除」は大切な行事。

今年は特にそれを強く感じました。

区切りをつけて次に行くという自覚が持てるからでしょうね。。。

R0020064_30.jpg

イッタラ・エゴ

イッタラの「エゴ」というシリーズのコーヒーカップ&ソーサー。

ワイングラスの「エッセンス」と同時にネットで購入。

取っ手に特徴がありますが、結構持ちやすいです。

デザインは完成されています。

デザイナーは「Stefan Lindfors」(ステファン・リンドフォース)。

R0020003_30.jpg

Yさんと食事会

昨晩はYさん御夫婦をお招きして、自宅で食事会。

自宅で食事会を催すのは初めてです。

Yさんは以前住んでいたマンションで、お世話になった方です。

さっそくイッタラのワイングラスを使ってみました。

Yさんは海外生活も長くワインについてもかなり詳しいので、
これからもいろいろと教えてもらうつもりです。

二人で写真のボトル1本、空けました。

R0020056_30.jpg

イッタラ・エッセンス

明日の土曜日の夜に来客があるため、購入したワイングラス。

イッタラのエッセンスというシリーズで、右がレッドワイングラス、左がホワイトワイングラス。

ワイングラスにしては、デザインがカッコいいです。

ネットで購入したため、予想よりも少し大きかった。。。

R0019999_30.jpg

ボルボV70納車

先週の12月19日(土)は、ボルボの納車のため名古屋まで行ってきました。

当日の午前中はかなり寒くて、雪が降った地域もありました。

                              

ボルボは今の自分には一番合っている車ではないかと思います。

V70クラシックというタイプで、2年落ちで走行距離が1万3千キロ。

今度は長く乗りたいと思います。。。

R0019955_30.jpg

R0019954_30.jpg

R0019963_30.jpg

Everything I Love/Sofia Finnila

ソフィア・フィンニラは、北欧出身のジャズ・ヴォーカリスト。

このアルバムは、スタンダード曲のカヴァー集。

フィンランドで声楽学校の教授をやっているだけあって、歌は抜群に上手い。

味もあるが、声質にもう少し個性が欲しいところ…

一通り聴いても引っかかる部分がなく、さらっと聴けてしまう。。。

1970年生まれの39歳。

Everything I Love/Sofia Finnila

Everything I Love_50

「M医院」基礎配筋検査

今日は寒い中、「M医院」の基礎の配筋検査。

特に問題なく終了。

その後、施工業者さんと工程の打合せ。

上棟式は来年の1月9日です。

当日は16時半から神事、17時から投げ餅も行います。

R0019989_30.jpg

フォレスト・ガンプ

トム・ハンクス主演のアカデミー賞6部門を独占した名作。

息子が借りてきたDVDを一緒に見ました。

アメリカンドリームが少し大袈裟でわざとらしいが、
観る人によっていろいろな見方が出来る作品。

見終わった後、私は親子の愛が最大のテーマだと感じました。

ストーリー展開が速いので、もう一度観るとまた違った視点で観れそうです。

フォレスト・ガンプ

フォレスト・ガンプ_50

さよならアウディA4

早すぎるお別れです。

私には少し若すぎた選択だったようです。

もう少し今の自分にフィットする車に変えます。

今まで楽しい思い出をありがとう。。。

R0019960_30.jpg


「西ヶ崎町・I邸」敷地造成工事中

来年の2月から着工する「西ヶ崎・I邸」。

現在、敷地の盛土造成工事中。

全長28mの旗竿敷地のため、上水道・下水道・電気等のライフラインに費用が掛かります。

入梅前の6月に竣工予定。

R0019939_30.jpg


R0019944_30.jpg

14番目の月/荒井由実

松任谷姓になる直前のアルバム。

有名な「中央フリーウェイ」が収録されている。

相変わらず捨て曲はなく、「グッド・ラック・アンド・グッドバイ」、「晩夏(ひとりの季節)」が秀逸。

ユーミンのアルバムはこの4作目までが、心に染みてとても良い。。。

14番目の月/荒井由実

14番目の月_30

「M医院+T薬局」着工

中区常盤町の「M医院+T薬局」着工しました。

スウェーデン式サウンディング工法の調査結果から、
基礎はコンクリートのベタ基礎で対応。

来年の1月9日に上棟式、4月末に竣工の予定です。

R0019929_30.jpg

「A-hair」模型

計画中の店舗(美容室)付住宅の模型。

1階が店舗(美容室)、2階が外部階段からアプローチする住宅。

ある程度プランが固まると、いつも模型を製作します。

お施主さんも解かり易いし、私自身もイメージの確認が出来ます。

模型を作ることによって、さらなる新しい発想も浮かびます。

とても大切な作業です。。。

R0019853_30.jpg

R0019876_30.jpg

R0019885_30.jpg

コバルト・アワー/荒井由実

75年発売のユーミンのサードアルバム。

有名な「卒業写真」、「ルージュの伝言」が収録されている。

前2作と比較すると少しポップな感じに仕上がっている。

個人的には「雨のステイション」が好きかなぁ。。。

コバルト・アワー/荒井由実

コバルトアワー・荒井由実_50

矢澤紀夫(風露香)さんの湯呑みと花器

今年の10月10日に行った「信楽陶器まつり」で購入した器。

東京都三鷹市在住の矢澤紀夫さんの器です。

形と素材感がとても気に入って購入。

各地の陶器まつりに行くと毎回思うのですが、なかなか気に入る器は少ないです。。。

風露香のサイト

R0018937_30.jpg

R0018949_30.jpg

ミスリム/荒井由実

1974年10月リリースのセカンドアルバム。

ユーミンが二十歳の時の記念碑的なアルバム。

このアルバムも名曲揃い。

あえて自分の好みをあげるとしたら「私のフランソワーズ」。

ミスリム/荒井由実

ミスリム・荒井由実_50

ひこうき雲/荒井由実

先日、朝起きた時から頭の中でユーミンの「潮風にちぎれて」が
何回も鳴っていました。

久し振りに荒井由実(松任谷ではなく)が聴きたくなって、
ツタヤで初期の4枚のCDを借りてきました。

どれも学生時代によく聴いたCDです。

私はユーミンのCDは、この時代のものがベストだと思っています。

下は1973年11月リリースのデビューアルバムです。

全曲良いですが、あえて選ぶとしたら「ベルベット・イースター」かなぁ。。。

ひこうき雲/荒井由実

ひこうき雲・荒井由実_50

宝厳院/0911京都06

今回で京都の話題は最終回となります。

「嵐山よしむら」で手打ち蕎麦を食べて、「宝厳院」へ向かいました。

ここは今回の旅行で、一番紅葉が綺麗でした。

庭内に220本を超える楓があって、散策中はずっと紅葉を見続けることが出来ます。

2003年に140年ぶりに特別公開となったそうです。

夜間のライトアップされた紅葉も見たかった。。。

R0019675_30.jpg

R0019676_30.jpg

R0019681_30.jpgR0019686_30.jpg

R0019685_30.jpgR0019688_30.jpg

R0019691_30.jpgR0019730_30.jpg

R0019740_30.jpgR0019751_30.jpg

渡月橋/0911京都05

嵐山のシンボルでもある「渡月橋」。

9世紀前半にはあったとされています。

なぜか不思議と心落ち着く風景です。

R0019639_30.jpg

R0019650_30.jpg

大覚寺/0911京都04

2日目の京都です。

神戸にいる娘と京都駅で待ち合わせをして、バスで「大覚寺」へ。

「嵐山」界隈を散策する計画です。

「大覚寺」は中秋の名月に、二隻の舟を浮かべて「観月の夕べ」を催すことで有名です。

廊下・広縁はすべて「うぐいす張り」になっていました。

R0019602_30.jpg

R0019634_30.jpg

R0019587_30.jpgR0019589_30.jpg

R0019592_30.jpgR0019607_30.jpg

「M医院+T薬局」地鎮祭

今日は午前10時から「M医院+T薬局」の地鎮祭。

昨日とは打って変わって快晴。

年内に基礎工事を完了して、来年の1月初旬に上棟式、4月末に竣工予定です。

今回は初めて「薄板軽量形鋼造」という工法を採用しています。

一般的には「スチールハウス」と呼ばれています。

ちょうど木造と鉄骨造の中間的な工法で、大空間を柱なしで施工可能です。

R0019798_12.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。