ひろあそ日記 ぷらいべいと

静岡県浜松市の建築設計事務所「ヒロノアソシエイツ」所長のブログ。 建築家の日常を仕事や趣味をまじえながら綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部鉄のレバーハンドル

DSC_1818_10.jpg

最近採用しているユニオンのレバーハンドル。

南部鉄の触感が独特。。。

ユニオンのサイト

スポンサーサイト

「マルホン」本社ショールーム

昨日は「鴨江町・坂の家」のお施主さんご夫婦と、
「マルホン」本社ショールームにてフローリングの打合せ。

ここのショールームはかなりの数の無垢フローリングが実際に敷かれていて、
直接体感することが出来ます。

種類が多いので迷ってしまいますが、とりあえずの候補は
「メープル」、「カバザクラ」、「バンブー」の3種類。

帰りにサンプルとカタログを頂いて、もう少し検討です。

「マルホン」本社ショールーム

R0020257_30.jpg

土佐和紙壁紙

香川県高松市の(有)ハウス・システムの「土佐和紙壁紙」の見本帳を送ってもらいました。

計34枚の和紙のサンプルがファイリングされています。

通常の土佐和紙の他に光触媒塗土佐和紙壁紙「トサライト」、
2層漉き合わせ和紙「バナナ繊維壁紙」など面白い商品もあります。

(有)ハウスシステムのサイト

R0017749_30.jpg

カルネバーレ

昨日の午後は、マンション「BE FREE」の定例打合せ。
今月末竣工のため、検査等の日程の最終確認。

下の写真は5階の施主宅のキッチン壁に施工した、
名古屋モザイクの「カルネバーレ」というタイル。

ガラス釉のため光が美しく反射して、金粉を散らした表情が華やかです。
全8色ありベネチアングラスの様な雰囲気があるタイル(イタリア製)です。
少し雅(みやび)な感じもあり、和風でもいけます。

R0014574_30.jpg


和ZANMAI

30cm角、45cm角の手漉き和紙壁紙。

以前紹介した「チャフウォール」の、ホタテ貝殻焼成パウダーを漉き込んだ内装材。

DIYで施工が可能です。

和室の壁・天井、ふすま等に市松に貼って使えそうです。

和ZANMAIのサイト

wa_zanmai_40.jpg

月桃紙

実施設計中の住宅の壁・天井に使用予定の「月桃紙」。

月桃とは沖縄県を含む亜熱帯に群生する植物です。
古来より漢方薬として利用され、月桃の葉より抽出した月桃精油には
防虫抗菌効果があります。

「月桃紙」は月桃の茎より繊維を取り出し、これをパルプ化して造られています。
木材パルプの使用を抑えた、地球環境にやさしいエコロジー商品です。

月桃紙障子紙もあります。

月桃紙のサイト

gettousi_50.jpg

チャフウォール

現在、実施設計中の住宅。

お施主さんが子供と一緒に内部の壁・天井を塗装したいという希望のため、
検討しているチャフウォール

ホタテ貝殻とモミ殻を使用した材料で、消臭、吸放湿、抗菌に効果があるとのこと。

老人ホームや幼稚園などの公共工事でも使用されています。

値段もあまり高価ではなく、ローラーでも塗れます。

私はまだ使ったことがありませんが、なかなか良さそうです。

チャフウォールジャパンのサイト

chafuwall_40.jpg

フッコー・マジックコート

今日は、午後からマンション「BE FREE」の定例打合せと、
配筋検査(1階壁・2階梁)でした。

再来週の14日に、まちづくりセンターの中間検査を受ける予定。

最近は雨が多く、現場が思うように進みません。

                              

現在設計している住宅の外壁に、フッコーのマジックコートを使う予定です。

吹付材料は、通常はアイカのジョリパットを使用しているのですが、
新たにマジックコートを使ってみようと考えています。

色数はジョリパットよりも少なめですが、発色は綺麗です。

ジョリパットにはない色合いもあります。

パターンは、HMかプッツあたりでしょうか。

色数が40色、パターンが15種類あります。

新しい材料を使う時は、いつも楽しみです。

フッコーのサイト

fukko magic coat_40

R0012458_30.jpg

名古屋モザイクのシルト

今日の午後は、マンション「BE FREE」の定例打合せ。
最初の工程から4日程度遅れ気味。

エントランスホールの照明器具のレイアウトを決める。

明日から埋め戻しに入る予定。

下の写真は現在の現場状況。
基礎の地中梁のコンクリート打が完了した状態。
敷地に高低差があり、手前がかなり低くなっています。

R0012334_30.jpg

外壁のタイルは、先週の土曜日にお施主さんと打合せして決定。

名古屋モザイクの「シルト」というタイル。
これは無釉薬の外装モザイクタイルです。

基本色は白のスクラッチと平面を7:3程度に混ぜて、
ボーダーラインをモスグリーンの50角タイル2段で回します。
エントランスと南外壁の一部に、アドヴァンの白のブリックタイルを使います。

これは最終的にはお施主さんが決めたのですが、
なかなかの冒険で、完成が楽しみです。

以下は名古屋モザイクのシルトのカタログページ。
名古屋モザイクは、凝ったオリジナルタイルが多いです。
名古屋のショールームも今年の7月に大リニューアルしたそうで、
一度行ってみたいと思っています。

nagoya mosaic silt_50

オスモカラー/OSMO COLOR

今日の午後は、日本オスモ㈱中部営業所の所長さんが、
事務所にお見えになりました。
新しい商品の説明とPRです。

ドイツオスモ社が、木材を専門に扱ってきた会社とは知りませんでした。
自然塗料のパイオニアで、塗装専門の会社だと思っていました。

日本オスモ㈱のサイト

まず、下は「ウッドステインプロテクター外装用」です。
ドイツオスモ社が日本特有の気候に配慮した商品です。
植物油(ひまわり油)を使っています。
当然、日本のみの販売だそうです。

osmo color wsp_42

                         

さらに、下の商品はフローリング専用の「ハードワックスオイル」。
撥水性能と耐久性に優れた床専用の塗料で、
自然塗料の良さとウレタン塗料の良さを兼ね備えているとのこと。
「つや消し」もあるので、一度使ってみたいものです。

osmo color hwo_43

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。